文字
サイズ

ホーム > 任意後見サポート

任意後見サポート

後見人は、何があってもすぐ行けるようにご近所の方がいいと考えられます。

委任契約代理権目録の実例

委任契約は18項目ですが、任意後見契約は25項目と契約内容が増えます。
認知症になると、それだけ自分でできなくなることが多くなるということです。
任意後見契約に移行した段階で、家庭裁判所が監督人を配することになり、ご本人に成り代わって厳しい監督を実施するということになります。

ページの先頭へ戻る