文字
サイズ

ホーム > 遺言サポート

遺言サポート

相続の今昔

近年では、相続が「争族」になる前に「遺産分割協議」を弁護士や行政書士に依頼する方が増えつつありますが、昔は相談する前に相続人同士で話し合っていました。
今と昔、どのような変化があったのでしょうか。
私は、一族の押さえとなった親族の「おじ」や「おば」がいなくなったせいだと思います。もめそうになると「おじ」や「おば」仲裁に入り、過度にもめることが少なかったのです。現代は高齢化社会になり、一族の押さえになる「おじ」や「おば」も寿命が延び、介護を受ける存在となり他家の相続のもめごとを押さえる役目が果たせなくなってしまいました。

遺産分割協議書の作成

行政書士は争いにならないように、皆さんの意見をお聞きしながら、最終の合意文書である「遺産分割協議書」を作るのが役目です。弁護士のように誰かの「代理人」になり意見を押し付けるのではなく、もめないように皆さまの意見を聞き調整を行います。
遺産分割協議書は必ずしも作成しなければならないわけではありませんが、不動産などの所有権の移転登記をする際は、添付書類として必要となります。

遺産分割協議書の作り方

ページの先頭へ戻る